将棋初心者 上達案内

具体的な戦い方・戦法 雀刺し

続いて雀刺しの戦い方の紹介です。どのような攻めを狙ってどういう狙いがあるのかを掴んでください



上の棋譜では先手も後手も矢倉の囲いをしています
これからどういった戦い方をするかいろいろな選択がありますが、ここで先手は雀刺しという戦い方を選び駒を動かしています。

43手目の局面を見てみてください。

先手の桂馬、香車、飛車が後手の1筋を集中的に狙っています。
また、角もよく見ると間接的に1筋に効いていて強力です。

ここから具体的にどう攻めるかの一例がその後の手順です。
桂馬を捨てるような感じで1筋の歩を取って成りこみ、角を捨てて猛攻を仕掛けます。
終了図では角と銀の交換で先手が駒損しているようですが、駒の働きがよく先手よしといえそうな局面です。


広告


Google AdSense プライバシー ポリシー

inserted by FC2 system